ようこさんの手芸

こんにちは、ようこです。暖かい日が続いています。春ももうすぐですね(#^.^#)

以前、ワークショップをして大変好評をいただいた、チロルピアスとイヤリングを、明日から開催します、「紙博・布博 京都2019」にて、キットの形で販売いたします☆

初めて作られる方には、少し難しく感じるかもしれませんが、悪戦苦闘しながら作るのも、キットの醍醐味なのかなと思います^^

 

私も今でも初めて作るものは、あーでもない、こーでもないと、材料の前でこれでもかというくらいイメージトレーニングしてから作り始めます。

それでも作り出すと、やり直したりとなかなかうまくいかないときもありますが、悪戦苦闘した分だけ、できた時の喜びは大きくて、やっぱり作ることが大好きなんです(笑)

 

今回は、たくさんの写真を使って、わかりやすく、説明していきたいと思いますので、これを機に、ペンチなども買っていただき(笑)、いろいろなリボンや、布でピアス・イヤリングを作っていただければと思います!(キーホルダーや、チャームにしてもいいですし^^)

 

↓まずは、必要な工具たち。

丸ヤットコ・平ヤットコ・ニッパー、それと針と糸。

ライター、目打ちは必須ではありませんが、あると便利です。

↓キットの内容

↓まずはお好きなリボンをお好きな長さにはさみで切ります。

この時のポイントは、柄の位置を完成品を想像しながらカット。

↓切り口をライターで軽くあぶってほつれにくくすると、この後がやりやすくなります。※火の扱いには十分ご注意下さいね。

↓あぶった後は、こんな感じ^^

↓、まずは、端の内側からスタートして、巾着のようにチクチクします。

↓こんな感じ。

↓小さい巾着風に仕上げて、しっかりまとめる。

ここでのポイントは、しっかり、ギュッと、強めに絞って下さい。小さく止めないと、次の工程のワニカンではさむときにはみ出してしまいます。

↓しっかり止めます。

↓ライターで焼き切れなかった余分な糸をカットします。

↓ワニカンを横からスライドしていれる

↓目打ちでワニカンにきっちり収めます。

↓半分ずつペンチで潰します。

↓欲張らずに半分ずつ潰してね^^

↓今度は、コットンパール部分を作ります。

↓写真の順に通して、

↓根元で直角に曲げます。

↓長さはお好みですが、私は、10㎜ほど残して余分な分を、カット。

↓このくらいの長さ(10㎜くらい)

↓切り口に近いところをつまんで、ぐるっと、まずは半分ほど曲げます。

↓このくらいね^^

↓そして、ペンチを持ち替えて、ぐるっと輪っかを作ります。

↓最後は、全部を合体させます。(もう少し!)

※ピアスの場合は、ここからの工程が少し異なります。

↓一つ目のマルカンをワニカン側に付けます。

↓一つ目の初めに付けたマルカンに、二つ目のマルカンを開いた状態でひっかけて、

↓そこに、イヤリング本体と、コットンパールのさっき作った輪っか部分を通します。

↓コットンパールが落ちないように、気を付けながら二つ目のマルカンを完全に閉じます。

※もし、どうしてもコットンパールを入れにくい場合には、コットンパールは入れずに、イヤリングだけをひっかけた状態で、先に二つ目のマルカンを閉じます。

それから、コットンパールの輪っかを一度広げて、二つ目のマルカンに通す方法もあります。

↓完成!!!

 

↓ちなみに私は、初めにリボンにビーズで飾り付けしてから作りました^^

 

一つ目は、意外に時間がかかりますが、二つ目は、一つ目の苦労がなんだったんだろうと思うくらい、スイスイですよ^^

 

自分のお気に入りのリボンで、他のアレンジも楽しんでみて下さいね!

 

それでは、「紙博・布博 京都2019」でお待ちしています。

 

2019.2.22 byようこ

 

こちらもおすすめ

Copyright © RAPYARN RIBBON.Inc. All Rights Reserved